♪ワークショップ

 音楽づくりの作品を取り入れた音楽会

    ~音楽づくりの学習と音楽会を関連付けた実践例~

 

 講師:藤森瑞紀(東村山市青葉小学校教諭)

 

  小学生が言葉を使ったアンサンブルを発表会で演奏している様子をビデオで見て、その実践の作品を子供たちが作り上げるまでの過程を話していただいてから、参加者全員でやってみました。

 ユニークで素敵な作品が各グループごとに誕生しました。まだまだ奥が深いと感じた実践でした。

 

 

♪ワークショップ

 音と動きのアンサンブルを作ろう

  ~『ほっぺたのはらに』

      詩:谷川俊太郎、 曲:中地雅之  を題材として~

 

 講師:佐伯美和(オルフ研究所)

 

 谷川俊太郎さんの詩に中地雅之さんが曲をつけた「ほっぺたのはらに」をもとに、体に落ちたしずくを落ちた部位からぐるっところがして別の部位まで・・・。という導入の動きでは、みんな真剣に各自のイメージでしずくの水玉を転がしていました。

 ワークショップの最後には各グループ素敵な作品ができあがり、イメージを広げていくことの楽しさをじっかんできたひと時でした。

例会白百合女子大ハガキ 決定版.pdf
PDFファイル 173.5 KB