◆Aコース 講師:下川英子(音楽療法士)

 

 「『音』で伝える・つながる~音楽療法を保育・支援教育に生かす」

 ハンディへの支援を含む音遊びを楽しみました。

 

 

Bコース 講師:本多峰和(名古屋女子大学 他)

 

 「楽器であそぼう!」

 オルフ楽器や民族楽器であそびました。

 

 

◆Cコース 講師:川口潤子(愛知学泉短期大学)

 

 

Dコース 講師:秋田有希湖(鶴見大学短大)

 

 「身体表現で出会う」

 身体の声に耳を傾けて、表現の世界を楽しみました。

 

 

Eコース 講師:中地雅之(東京学芸大学)

 

 「初めての方のために」

 カール・オルフの音楽教育の特徴等、実践を通して紹介。

 

 

Fコース 講師:名須川知子(兵庫教育大)

 

 

 

全体ワークショップ  

  講師:細田淳子(東京家政大学)・井口美恵子(元公立幼稚園)・

      石上則子(元公立小学校)・熊谷礼子(和光鶴川小学校)・

      佐伯美和(オルフ研究所)

 

 「音  動き  形」

  参加者全員で音・動き・形を総合的に表現しました。               

 

 

全体会 講師:繁下和雄

             (横浜創英大学教授・国立音楽大学名誉教授) 

 

 お話:「オルフ来日の頃の日本の音楽教育界について」

   当時学生だった先生に、1963年のオルフ来日頃の様子をお話してい

   ただきました。

 

 ワークショップ:「手作り楽器のポイント」

   聞こえていない音を聞く実験や体験をしました。

 

 

 

 

グループディスカッション「セミナーをふり返って」

 

 

 

グループディスカッションの内容発表とまとめ

例会白百合女子大ハガキ 決定版.pdf
PDFファイル 173.5 KB