カール・オルフ年表

1895(明治28) 7月10日。ドイツのミュンヘンに生まれる。

        音楽一家であった。

 

1900(明治33)母親からピアノを習い始める。

 

1911(明治44)歌曲集「キーム湖の歌」を出版。

 

1914(大正 3)ミュンヘン音楽学校を卒業。


1917(大正 6)軍隊に入る。

 

1924(大正13)ギュンター学校(ギュンター・シューレ)を創設。

 

1925(大正14)ギュンター学校で「踊り子の音楽教育」という部門を

       設けて教育する。

 

1937(昭和12)「カルミナ・ブラーナ」を作曲。

 

1945(昭和20)ギュンター学校焼失。

 

1948(昭和23)南ドイツのバイエルン放送局のラジオで、子ども向けの

       音と動き、そしてことばによる音楽を放送、好評で5年続

       けられる。

 

1953(昭和28)国際音楽学会に出席した福井直弘が、オルフ・シュール

       ベルクを日本に持ち帰る。

 

1954(昭和29)シュールベルク「子どものための音楽」全5巻を完成。

 

1961(昭和36)ザルツブルグにオルフ研究所が開設。

 

1962(昭和37)NHKの招きで、助手のケートマン女史と共に来日。

 

1975(昭和50)バイエルンラジオ放送でインタビューを受ける。

 

1982(昭和57)ミュンヘンで亡くなる。

 

1984(昭和59)日本語や日本のわらべうたを素材にしたオルフ・シュー

       ルベルク「子どものための音楽」が日本ショット社から出

       版される。

 

1988(昭和63)日本オルフ音楽教育研究会 設立。

 

 

 

 

例会白百合女子大ハガキ 決定版.pdf
PDFファイル 173.5 KB